ボイストレーニングin東京!洋楽で習う「ラニーボーカルスクール東京」

MASAYAH

ボーカルカウンセラー/シンガーソングライター/プロデューサー
指導ジャンル:洋楽
(担当クラス:PREMIUM



ブラックミュージックを学びにニューヨークへ渡米し、エリートボーカルトレーナーからボーカルスキルを学びんだ。黒人プロデューサーのBert氏の目に止まり、ハーレムにあるスタジオで多くのミュージシャンとセッションを繰り返し、そのスキルを磨いた。
その後、LAへ拠点を移し、ハリウッドトップクラスの黒人ボイストレーナーに従事した。
グラミー受賞ミュージシャンとLAで制作を行ない、日米メジャー現場で制作などを行なう。
その後フリーとなり、作詞作曲からコーラス、アレンジを自身で行ない、独自の製作陣でアーティスト活動を行っている。その後、メジャー業界からインディーズまで幅広く仕事を広げ、プロデュースや才能発掘も行なっている。
そして、アメリカで習得してきた発声法多くの日本のミュージシャンにも伝承したいという思いでプロ、アマ問わずこれまで多くの人に歌の指導を行ない、新宿にLANY VOCAL SCHOOL TOKYOをオープンした。
MASAYAH流の特別なレッスンは多くの人に歌の楽しさと、その喜びを伝えている。今ではそのレッスンを受けに来る生徒が後を絶たない。指導してきた人の中には、テレビやラジオで活躍するタレントやメジャーアーティスト、モデル、俳優など芸能関係者も多い。
たくさんの日本人がスポーツ界などで世界進出を果たしている中、MASAYAHはボーカルカウンセラー(ボイストレーナー)やアーティストとしてだけでなく、プロデューサーとしても、新たな「インターナショナルな」才能を発掘し、育成をしている。
2014年に日テレで放送された「歌唱王」に出場。全国約13000人の中から勝ち抜き、ファイナリストとなり話題になる。日テレの番組「キャラオケ18番」に『洋楽歌唱法のスペシャリスト』として幾度にわたり出演。これまで、多くの芸能人に番組内で歌唱指導を行なって注目を集めた。2015年には、TBS「Sing!Sing!Sing!」他薦部門にて推薦され出演。審査員らに高い評価を受けた。日テレ「歌唱王2015」にも出場し、約25000通のエントリーから20人に選ばれ、本戦出場。2018年日テレ「東京暇人」ではお笑い芸人に洋楽を教えるという企画で番組内でレッスンを行う。

PREMIUMのお申し込み

 

 


針崎勝大 (はりさきかつひろ)

ボイストレーナー/シンガーソングライター/プロデューサー
指導ジャンル:J-Pop/洋楽/K-Pop
(担当クラス:BeginnerBasicオンラインレッスン


針崎長崎県は五島列島出身。
6才からクラシックピアノをはじめ、13才から曲作りを始める。 現在オリジナル楽曲は300曲以上。2011年、TBS系列の番組で特集を組まれ全国放送され、その際、配信した着うたは、着うたサイト:音楽通りにて最高位2位をマーク。
編曲家の河野伸氏にも曲・唄ともに太鼓判をおされ、弟子としてプロの現場を見学。楽曲に対してのアドバイスやレビュー、アーティストとしてのあり方を学ぶ。
また第一線で活躍するシンガー、今井マサキ氏より歌を教わり、歌唱力を磨く。
自身の成人式では、市長直々のオファーを受けステージ上でその日のために書き上げた楽曲「Hey, My Brother」を歌唱。成人を迎えるにあたっての希望とそれの裏に潜む孤独や不安をテーマにした歌詞が大きく話題をよび、テレビで取り上げられる。 POPSピアノ弾き語りのみならず、R&BHIP-HOPとバラエティに富んだ歌唱、楽曲・トラック制作ができることでアーティストとして様々な顔を見せることのできるシンガーソングライターである傍ら、ボイストレーナーとしても活躍中。最近では、森山直太朗やmiwaのバックコーラスを務めるなど活動範囲は多岐にわたる。
2015年、アルバム「GOOD」をデジタルリリース。最先端のリズムを取り入れたバラエティー豊かな作品性やセンスを評価され、2016年9月、ドラマ『プロデューサーK』主題歌『Butterfly』で初のメジャーリリースとなった。
「唄うことを愛しています。「唄」は想い出に入り込め、人生を彩ることができる唯一無二のツールです。自分の綴る唄が、音楽がそのような存在になり誰かの人生の彩りになることを強く願ってます」

 

 

無料体験レッスンのお申し込み

 

 


向野麻衣 (むくのまい)

ボイストレーナー/シンガーソングライター
指導ジャンル:J-Pop,K-Pop,洋楽
(担当クラス:BeginnerBasicオンラインレッスン


「歌はスポーツ」という理念のもと、身体を理解し完璧にコントロールすることで、効率的に声を出す歌唱法を推奨。
力を最小限に抑えて歌うことで表現力が増し、つらい高音域でも聞き手に心地よさを与える。
アメリカ由来の発声法を軸とし、どんなジャンルの曲でも本物に近い歌唱力が期待される。
ニューヨークUniversal Groove Entertainment流の講師陣のもと、ハイレベルな歌唱技術を習得。「スタンド・バイ・ ミー」で有名な、ベン・E・キング氏のプロデューサー、作編曲家、ピアニスト徳家 敦氏の元で音楽理論を学ぶ。
母はピアノ教室を経営しながら大正琴の講師としても活動。祖母は謡(うたい:能の声楽)の現役師範代で多数の弟子をもち、ニューヨーク公演を齢70にして成功させた。
幼少から母の指導でピアノの訓練をうけるなど、音楽一家の中で育ち、人生において音楽は身体の一部のような存在と思い、歌手活動を開始。
シンガーソングライターNanami Mukuとして活動。(現在は向野 麻衣)
定期的に自身主催ソロコンサート開催し、その他数々のイベントに出演。東京タワーで行われる大イベント「大分地獄蒸し祭り」では、毎年レギュラーで出演している。
レインボータウンFMのラジオ番組「ねばる門には福来る」出演
2015初アルバム「Deep Love」をリリース。すべての曲が自身で作詞作曲されたものである。

無料体験レッスンのお申し込み