開発者プロフィール

 

MASAYAH

ボーカルカウンセラー/シンガーソングライター/プロデューサー

明治大学経営学部国際経営学科卒

 

ブラックミュージックを学びにニューヨークへ渡米し、エリートボーカルトレーナーからボーカルスキルを学びんだ。黒人プロデューサーのBert氏の目に止まり、ハーレムにあるスタジオで多くのミュージシャンとセッションを繰り返し、そのスキルを磨いた。

その後、LAへ拠点を移し、ハリウッドでトップクラスの黒人ボイストレーナーに従事した。

グラミー受賞ミュージシャンとLAで制作を行ない、日米のメジャー現場で制作などを行なう。

その後フリーとなり、作詞作曲からコーラス、アレンジを自身で行ない、独自の製作陣でアーティスト活動を行っている。その後、メジャー業界からインディーズまで幅広く仕事を広げ、プロデュースや才能発掘も行なっている。

そして、アメリカで習得してきた発声法を多くの日本のミュージシャンにも伝承したいという思いでプロ、アマ問わずこれまで多くの人に歌の指導を行ない、新宿にLANY VOCAL SCHOOL TOKYOをオープンした。

MASAYAH流の特別なレッスンは多くの人に歌の楽しさと、その喜びを伝えている。今ではそのレッスンを受けに来る生徒が後を絶たない。指導してきた人の中には、テレビやラジオで活躍するタレントやメジャーアーティスト、モデル、俳優など芸能関係者も多い。

たくさんの日本人がスポーツ界などで世界進出を果たしている中、MASAYAHはボーカルカウンセラー(ボイストレーナー)やアーティストとしてだけでなく、プロデューサーとしても、新たな「インターナショナルな」才能を発掘し、育成をしている。

2014年に日テレで放送された「歌唱王」に出場。全国約13000人の中から勝ち抜き、ファイナリストとなり話題になる。日テレの番組「キャラオケ18番」に『洋楽歌唱法のスペシャリスト』として幾度にわたり出演。これまで、多くの芸能人に番組内で歌唱指導を行なって注目を集めた。2015年には、TBS「Sing!Sing!Sing!」他薦部門にて推薦され出演。審査員らに高い評価を受けた。日テレ「歌唱王2015」にも出場し、約25000通のエントリーから20人に選ばれ、本戦出場。2018年日テレ「東京暇人」ではお笑い芸人に洋楽を教えるという企画で番組内でレッスンを行う。DMM英会話にて英語の発声プログラムのセミナー講師に選ばれる。

 

メディア出演実績

 

日テレ『歌唱王』ファイナリストにも選ばれました

「もっと歌が上手ければ…」と
思っていませんか?

 

「もっと歌が上手ければ…」と、歌声に関する悩みを思っている人は多いですよね。

 

しかし、同じ「歌が上手くなりたい」という思いを持っていても、歌声の悩みは人それぞれ少しずつ違います。

 

歌う機会の多い人やプロ
歌が苦手でコンプレックスに感じている人

 

しかし、どちらの場合でも「自分の声」について知らないままでは、いつまで経っても歌は上手くなりません。

 

現時点で歌声がどんなレベルでも、正しい情報を知らなければ今以上の成長は難しいでしょう。

歌が上手くなるために
大切なことって?

プロのアーティストはなぜ歌が上手いのでしょうか。

 

「たくさん練習したから」と答える人が多いかもしれませんが、実は、自分の声を知らずに練習ばかりするのは効率の悪い方法です。

 

どんな世界でも第一線で活躍している人は「自分の現状を正しく把握し、適切な努力を行うこと」を実践しています。

 

そして、現状を知るためには、経験豊富なコーチや監督、上司、先輩などから指導を受けているはずです。

 

これを歌に置き換えると…

 


「プロのボイストレーナーに歌声を聴いてもらい、苦手な点を知る」「自分に合わせた声の出し方や発声のメカニズムをもとにアドバイスをもらう」「歌声を改善に向けて適格なボイストレーニングをする」

 

という流れになります。

 

なぜプロのトレーナーに聴いてもらう必要があるの?

それは、歌いながら自分の声をしっかりと聴くことは非常に難しいからです

 

また、録音して後で聴きながら自己分析しても「何が問題なのかわからない」、「どうして苦手なポイントが苦手なのかわからない」と言う方はとても多いのです。

 

友人に聴いてもらってアドバイスをもらう方法もおすすめできません。

 

サッカーなどのスポーツで考えればわかりやすいのですが、プロレベルに上手い友人が身近にいる状況はそうそうないですよね。

 

さらに、競技が上手いだけでなく「どこをどのように改善したら良くなるのか」、「そのためには何をすれば良いのか」を明確に伝えることができる人となると、日常生活で出会うことは非常に難しくなります。

 

歌声診断ツール「VOICEスコア」では、オンラインでプロのボイストレーナーが歌声を聴き、独自の採点システムで採点します。

 

歌声診断ツール【VOICEスコア】は単純に歌の上手さを図るだけのものではありません。

 

診断を通じて、歌声に重要な6つの項目である「音域」、「息」、「響き」、「音感」、「リズム」、「表現力」をオリジナルのチェック方法で採点、六角形のレーダーチャートで表し、一目で自分のレベルがわかるようになっています。

 

マンツーマンで声のコントロール方法や苦手なポイントを分析し、歌声を目で見ることができる診断シートに記入するため、診断を受けた後は自分の歌声がどんな状態にあるのかがはっきりとわかります。

 

診断の中では、あなたの歌声をもとにトレーナーが最適なトレーニング提案、解説し、実際にトレーニングを少し体験することができます。上達するスピードは人によって違いがありますが、たった1ヶ月で明らかに歌声が変化したという人も多くいます

 

誰もが知っている一流のアーティストたちのように歌いたいが、目標が高すぎて何をしていいのかわからない

 

目標とする人がいるのは素晴らしいことですが、まずは手の届く目標から達成していくことが大切です。今の自分に必要なことを明確にして、着実にステップアップしていきましょう。

競技のように一生懸命歌い過ぎてしまう

 

初心にかえって、自然体で会話を楽しむように歌いましょう。歌はなぜ生まれたのでしょうか?言葉では伝えきれない思いや感動を、メロディーやリズムで表現したことが始まりだと考えると素敵だと思いませんか。テクニックを重視しすぎて、歌で伝えたいことや表現したいことを忘れてしまうと、歌うことが辛くなってしまいます。

自分の実力以上に良く見せようと思ってしまう

 

家にいるときのリラックス感を思い出してみてください。

力が入った自分は無理をしている状態です。人から見ても、家にいる自分の方が親しみやすいはず。

実力以上の力とは、周囲の環境やタイミングに左右される「まぐれ当たり」のようなものです。実力の底上げをしてリラックスした自分で歌いましょう。

ボイトレ本やサイトを見ても実力が伸びない

良い先生に巡り会えていない

 

一方的に与えられる情報から学び取るのは難しいもの。まして、声や声の出し方は人それぞれまったく違います。メソッドを与えるのではなく、歌声診断では、「あなたの声」に徹底的に注目することで、あなたに合った練習法や改善ポイントをお伝えします。

たくさんの人の歌声を変える
きっかけとなっているツールです!

診断方法もユニークで楽しい!!

自分の声を客観的に診断してもらえるので、自分の声が他人から聞いたらどういう声なのか、さらに得意なことと改善点が目でみてわかるので、すごくわかりやすいです。診断方法もユニークで楽しい!!

(女性/30代/自営業)

自分のやるべきこと&できていないことが文字で分かって良かった!

初めて実際に診断という形でやって頂いたが、自分のやるべきこと、できていないことが文字で分かりやすく表せて良かった。

自分が苦手だなと思っていたことがやはり出来ていないことが多いのでそこは頑張る。また近いうちにまたやるときは、1つでもいいから評価が上がっているように練習していきたい。

つらい診断ではなかったので、やっている間は面白かったし楽しかった。

 

(女性/10代/学生)

自分の強み・弱みを知り、自信も持てて課題も明らかに!

普段意識しない自分の声や音感などを客観的にCHECKして頂き、それを自分でも客観的に見ることができて良かった。

また自分の強み・弱みをしれてよかった。自信も持てて、課題も明らかにできた。

 

(女性/30代/自営業)

歌声に自信が付けば「歌うことがもっと楽しくなる」、「曲のレパートリーが増える」、「周りからの評価が上がる」といった嬉しいメリットが。次はあなたの番です!

 

あなたも最短で歌が上手くなる経験をしてみませんか?

歌声診断ツール「VOICEスコア」
開発まで

こんにちは。「VOICEスコア」を開発したプロトレーナーMASAYAHです。

 

私は21歳まで自己流で歌っていたので高い声の出し方がまったくわかりませんでした。

無理やり声を枯らして練習しているうちに、たった2曲を歌いきることも難しくなってしまったんです。

 

そこで、ボイトレ本を読み漁っては片っ端からトレーニングを試しました。

 

しかし、「コレだ!」という決定打はナシ。自分に合った練習法を見つけられず、伸びずにいました。

 

 

何とかして歌が上手くなりたいと思ってアメリカに歌の修行に行ったんですが、信頼できそうな先生にはなかなか会えず…やっと見つけた先生から約2年間指導を受けるも大きな成長がなく、不安と疑問でいっぱいに。

 

そのうち、できることばかりやって苦手な高音発声からは逃げるようになっていました。

 

ある日、友人に歌を教えて欲しいと言われたので、じっくりと友人の歌を聴くことにしました。

 

そこで初めて「なぜこの人がうまく歌えないのか」がわかったんです。

 

 

文にしてみるとシンプルなことですが、そのとき初めて「いかに自分が自分の声を知らないで歌ってきたか」に気づかされました。

 

声の分析と発声メカニズムが重要と気づいてからはどんどん上手くいくようになっていきました。

 

具体的にどんなことが起きたかというと、

 

  • 自分の声がどう出ているかイメージできるようになった
  • 高い声を無理なく出す方法がわかった
  • 喉を傷める、疲れる歌い方をしなくなった
  • 何時間でも長く歌えるようになった
  • 自信がついてもっと歌が好きになった
  • 難しい曲にも挑戦できるようになった

成功体験を得たことで、どんどん新しいことにチャレンジしたいという気持ちが湧いてくるように。

 

それからは「自分も歌声に悩んでいた1人」だからこそ、経験をもとにボイストレーナーとして多くの人に指導し、2000人以上の発声法を改良し続けてきました。

 

そして、レッスンを続けていく中で「ほとんどの人がかつての自分と同じように、自分の歌声について考える機会がない」ことに気が付きました。

 

自分の歌声を知らないことは、成長を妨げになる。自分のように回り道しなくても、一目で自分の歌声がわかるものがあれば…そんな思いから、歌声診断ツール【VOICEスコア】を開発することにしたのです。

 

歌声診断ツール
【VOICEスコア】の価格

 

「歌が上手くなりたい」、「高い声を出せるようにしたい」と思っても、何をどうしたら良いのかわからない。そんな悩みの中にいる人を手助けしたいという思いで、歌声診断ツール【VOICEスコア】の価格は最低限の2000円と設定しています。

 

歌声診断ツール【VOICEスコア】の開発には完成に至るまで7年の年月をかけ、何度も改良を繰り返しました。時間と労力をかけて開発をしたのは、

 

「歌の上達には自分の現状を知り、見つめなおすこと」

「音域や音感のレベルなど、具体的に自分の声を知ればその後の展望が見える」

 

と、自分の体験と2000人以上の指導経験から確信しているからです。

先着50名様限定!
【VOICEスコア】を無料体験!

 

しかしながら、「声で悩む人を救いたい」という気持ちから、歌声診断ツール【VOICEスコア】はすべての人に提供したいというのが本音です。

 

日本中の人に提供するのは無理でも、可能な限り多くの人に受けてもらいたいと思っています。

 

そこで、「今だけ先着50名様限定、2000円→0円」で提供します!

 

ここまで読んでいただけた方は、一方的な講義ではなく、あなたの声を聴いて行う歌声診断が無料でできることのすごさを感じて下さっているはずです。

 

「少しでも多くの人に声の悩みを解消する機会を提供する」それが、私たちが目指すところです。

 

歌声診断では、診断ツールの結果をもとにどんなトレーニングが必要なのかを提案いたします。

 

ぜひこのチャンスにお申し込みください。

 

声を良くするためには「正しい発声のメカニズム」と「自分の現状を知ること」がとても重要です。

 

診断では両方を完全無料でお教えいたします。オンラインなので世界中どこからでも可能!自宅で今すぐ体験できます。この機会に気軽に試してみてください。

 

具体的にどんなアドバイスを
受けることができるの?

 

無料診断を受けて頂くことで、あなたは以下のようなアドバイスを通じて実践的な知識と技術を身につけることができます。

ぜひ普段の練習からオーディションまで、人前で歌うチャンスがあれば試してみてくださいね。

 

オーディションで有利に!合格するための3つの秘密

■秘密1:音域を活かしたキー設定

音域は「頑張れば出せる音域」、「コントロール可能な音域」、「美しく聴かせられる音域」の3つを把握しておくことで、自分の魅力を伝えられる曲やキー設定がわかりやすくなります。

また、アピールしようとして実力以上の力が必要な曲を選ぶのは厳禁。余裕をもって歌える曲で、「自分の良さや強み」を伝えましょう。

 

■秘密2:展開のある曲を選ぶ

単調な曲やメロディーの動きが少ない曲はオーディションに向いていません。

自由曲でも、オーディションは実力を示す場所ということを念頭に置いておきましょう。

最も実力がわかりやすいのは、AメロからBメロにかけて徐々に盛り上がり、サビで最高潮を迎えるオーソドックスなバラード。ただし、アップテンポの方が自分の魅力が出やすいと考える場合にはバラードにこだわる必要はありません。

 

■秘密3:緊張に打ち勝ち平常心で挑む

オーディションで緊張することは悪いことではありません。場所や機会を大切に考えているからです。

しかし、何のためにオーディションを受けるのかを考えれば、オーディションは重要な機会ではあるものの、通過点として捉えることができます。当日は、オーディションの先にある自分の未来に意識を置いて、平常心で自分をアピールしましょう。

喉を傷めないメソッド

喉を傷めてしまう原因は、ほとんどの場合「無理に声を出そうとしている」ことが原因です。

高い音を出そうとしたり、ボリュームを上げて歌おうとするとき、喉に力が入っていませんか?

喉だけに頼らない発声法を身に着けることで喉を傷めにくくなりますが、「どんなときに喉に力が入ってしまうのか」は自分ではわかりにくいもの。プロのトレーナーに見極めてもらうことが近道です。

モテる歌い方の秘訣を伝授

モテる歌い方として重要なポイントはたった1つ。「照れないこと」です。

 

歌っている姿は自分が思っている以上に見られているため、照れながら歌っていると聴いている人も気恥ずかしい気持ちになります。歌手が歌番組でミスをしても、照れて声が小さくなったり慌てたりしませんよね。照れずに「歌いきる」という姿勢でいるだけで、堂々とかっこよく見えますよ。

人前で声を出すことに自信がつく方法

人前で緊張してしまう理由は様々ですが、声を出すことに慣れれば解消できることが多いです。

大切なのは、「日常的に声を出す習慣をつけること」、「声を出す環境を作ること」。

トレーナーに声を聴いてもらうことだけでも練習になります。

気持ち良く歌えるための条件

正しい発声が身についていれば、のびのびと気持ち良く歌うことができます。

正しい発声とは、呼吸の力と筋肉を使って声を出すこと。

「歌っていて苦しい」という人の多くが、喉付近の一部分しか使わずに発声しています。

身体の広い範囲を使って歌えるようになれば、軽いスポーツのような爽快感があります。